大会の背景

センサー技術及びそのシステム産業は国民経済の基礎的、戦略的産業であり、情報化と工業化の高度な融合の源として、工業の構造転換と高度化の促進、戦略的新興産業の発展、現代国防建設の推進、人民の生活水準の保障及び向上に対して重要な役割を果たしています。

国務院が2016年に発布した「「十三五」国家戦略的新興産業発展計画」では、センサー産業を「スマート製造の重要な技術設備を新しいレベルに推進する」、「前向きに戦略産業を配置し、将来の発展の新しい優位性を育成する」などの事業の重要な内容としています。工信部が2017年に発行した「スマートセンサー産業三年行動ガイド(2017-2019)」では、スマートセンサーの市場応用は爆発的な成長を示し、将来における情報技術産業の発展を決定する中核的基礎の1つとなっているとともに、先進国及び多国籍企業が配置する戦略的ハイランドとなっていると述べています。

中国儀器儀表学会は我が国の計装及び測定制御分野の最高学術組織であり、計装、スマート製造を推進するための主要な学術的力、インターネット、スマート新都市などの新興科学技術を発展させるための重要な学術的力として機能しています。センサー技術及び産業の重要な戦略的意義、我が国のセンサー産業発展の差し迫った必要に基づき、中国儀器儀表学会は「2018第一回世界センサー大会(英語名:World Sensors Summit、略称:WSS)」開催計画を提出し、それを「スマートセンサー革新連盟」2018年活動計画に組み入れました。

大会開催計画は提出された後、河南省人民政府及び鄭州市人民政府から積極的な反応を受け、第一回の大会が鄭州で開催されることに多くの有利な条件を提供しました。

第一回の大会は2018年11月14日に終了し、会議、展示、コンテストなどを通じて、2018第一回世界センサー大会の魅力を十分に示し、大会が終了後、専門メディア、国際メディアを招請して今回の大会に関する宣伝、報道を行い、業界で良好な反響を得ました。大会に参加したセンサー技術業界と産業界の代表者および河南省政府、鄭州市政府は、ともに来年引き続き鄭州で「2019世界センサー大会」を開催することを要求し、また展示会の規模を拡大し、内容のアップグレードを行うことにより、国際間のセンサー技術の交流をより良く促進し、我が国のセンサー技術と産業の発展を後押しし、さらに河南省ハイテク産業の振興および向上を助力することを提案しました。

大会メインフォーラム名称

世界センサー科学技術革新サミットファーラム

  • 時間: 2022年8月21日午前10:00-12:30

  • 場所:鄭州国際展覧会センター

  • 規模:メインフォーラム700人

  • 主要な内容:国家と地方センサー科学技術と産業発展政策と企画、センサー発展の未来の需要分析、センサー産業発展の問題、短所及び解決方案、国内外センサー技術発展と応用。

【CCTV】首届世界传感器大会在河南郑州举行

特別ファーラム

11月9-11日

01

MEMSとスマートセンサー技術

02

光学と電子センサー技術

03

環境、ガス検知センサー技術

04

流体工学(温度、圧力、流量、レベル) センサー技術

05

人工知能とセンサー技術

06

生物医学センサー技術

07

クルマのインターネットとクラウドセンサー技術

08

農、林、牧、漁などの分野でのセンサー技術の応用

09

センサー材料

10

5G時代のセンサー発展・応用サミットファーラム

11

ミクロン・ナノテクノロジー革新と産業化国際フォーラム(ICMAN2019)

12

『資本力』応接間:資本賦能、智創未来

会議の同期

ニュース情報

私たちに連絡する

WSS事務局